ライティング編集・ディレクション

Google Discoverとは?広告ではない?対策方法やSEOとの関係を徹底解説!

「Google Discover」はGoogleアプリに表示されるおすすめWebページのことです。普段何気なく見ている方も多いかもしれません。

Google DiscoverはPVを急増させるのに効果的で、コンテンツ制作を行う方ならぜひ押さえておきたい機能です。

今回はGoogle Discoverについて紹介するとともに、Google Discoverに掲載されるための対策方法についても解説します。

 

Google Discoverとは?PV急増の「Google砲」

 

Google Discoverとは一体何なのでしょうか。

まずは、Google Discoverの基本的な機能やGoogle検索・広告との違いを押さえておきましょう。

 

Google DiscoverはGoogleアプリで表示されるおすすめ機能

 

Google Discoverはスマートフォン用のGoogleアプリやGoogle Chromeアプリの機能です。ウェブブラウザにはGoogle Discoverが備わっていません。

スマートフォンでGoogleやGoogle Chromeのアプリを開くと、検索窓の下に記事が表示されています。これが「Google Discovery」です。

 

Google Discoverは検索窓の下に表示されているWeb記事のこと

 

Google Discoverはもともと「フィード」として2016年から設けられたもので、ユーザーの閲覧履歴や行動などから、各ユーザーの興味・関心が高いと思われる記事を表示する機能です。2018年9月に、機能は同じであるものの「フィード」から「Google Discover」の名称に変更されました。

 

見出しやサムネイルが表示されるので記事の内容がわかりやすく、Googleの検索窓の下という目につきやすい箇所に設置されています。さらに内容がユーザーごとにパーソナライズされているので、Google Discoverに掲載された記事はクリックされやすいというメリットがあります。Google Discoverに表示されるとPV数が一気に増えるため、「Google砲」と呼ばれることもあるほどです。

 

Google検索とは異なる

 

Google DiscoverはGoogle検索機能とは異なります。Googleアプリのトップページの検索窓の下に表示される機能ですが、これは検索結果として出てきているわけではありません。ユーザーが興味や関心を持ちやすいと判断された記事が自動で表示されています。

ですが、検索した内容がGoogle Discoverの内容に影響することはあります。Googleで検索した内容やキーワードをもとにAIがユーザーの興味・関心を判断します。そのため、Googleで検索した内容に関連する記事がGoogle Discoverに表示されやすくなります。そのためにGoogle Discoverを検索機能の一部だと勘違いしやすい側面があります。

 

Google Discoverは広告ではない

 

「Google Discoverに自社コンテンツを載せたい」「Google Discoverで上位表示されるにはいくらかかる?」

そう思った方もいるかもしれませんが、Google Discoverは広告ではありません。コンテンツはGoogle独自のアルゴリズムのもと表示されているので、コントロールはできません。

お金を出してGoogle Discoverの上位に自社コンテンツを表示してもらうことは不可能だということに留意しておいてください。

また、ユーザーはGoogle Discoverを非表示にすることもできます。Googleアプリの全ユーザーがGoogle Discoverを見ているわけでない点も押さえておきましょう。

 

Google Discoverに表示されるメリット3点

 

Google Discoverに表示されることは、メディアを運営する上で3つのメリットがあります。

 

  • 潜在層にリーチできる
  • アクセス数アップが期待できる
  • 検索順位への好影響が期待できる

 

各メリットを以下で紹介します。メリットを理解した上で、Google Discover対策を行うことが大切です。

 

潜在層にリーチできる

 

Google Discoverに表示されると、潜在的なターゲット層にもリーチできます。

Google Discoverの表示コンテンツはユーザーの興味・関心によって最適化されており、ユーザーそれぞれによって異なります。

つまり、Google Discoverに表示されると、そのコンテンツに興味・関心を持っている人のもとにリーチできるということです。

Google Discoverの記事をきっかけに、そのユーザーが定期的にメディアを閲覧してくれるようになる可能性が比較的高いと考えられます。

 

アクセス数アップが期待できる

 

Google Discoverは検索窓の下の、ユーザーの目につきやすい場所に表示されます。また、サムネイル画像やタイトルが表示されるのでコンテンツの内容がわかりやすく、ユーザーがクリックしやすい作りとなっています。

そのため、Google Discoverに表示されたページはアクセス数が急増する傾向にあります。

そのあまりの急増ぶりから「Google砲」の呼び名がついたのでしょう。

オーガニック流入、SNS、広告に次ぐ第4の流入経路として重要視しているメディアも増えてきています。

 

検索順位への好影響が期待できる

 

検索順位とGoogle Discoverには直接的に相関しているわけではありません。しかし、Google Discoverに表示されると多くの人の目に止まります。その結果、サイテーション(引用)や被リンクをしてもらえる可能性が上がり、それらの数が増えるとSEO評価が高まります。

その結果、間接的な影響ではあるものの、Webサイトの検索順位が改善することも考えられます。

 

Google Discover対策!コンテンツを最適化して表示されるための要素5つ

 

Google Discoverに掲載されるためには、適切な対策を取ってコンテンツを最適化する必要があります。Google Discoverは、以下の5つの要素を満たしたコンテンツが掲載されることが、明示されています。

 

  • 要素1:Googleインデックスへの登録
  • 要素2:コンテンツポリシーの遵守
  • 要素3:サムネイル向きの画像
  • 要素4:魅力的なタイトル
  • 要素5:質の高い内容

 

Google Discoverに表示されるためには、まずはこの5つの要素を含んだコンテンツ作りから始めましょう。

 

要素1:Googleインデックスへの登録

 

Google Discoverに表示されるためには、Googleインデックスに登録済みであることが前提です。Googleからコンテンツとして認識される(=検索エンジンの結果に表示させる)ためにインデックス登録は不可欠な要素で、以下のように規定されています。

 

コンテンツが Google にインデックス登録されており、Discover のコンテンツ ポリシーを満たしていれば、そのコンテンツは自動的に Discover の表示対象になります。特別なタグや構造化データは必要ありません。なお、Discover の表示対象になっていても、必ず表示されるとは限りませんのでご注意ください。

引用元:Google Discoverとウェブサイト

 

自動でWebサイトが登録されることもありますが、Webサイトを作ったばかりだと未登録のままになっていることがほとんどです。

Googleインデックスへの登録状況はGoogleサーチコンソールから確認できます。

Googleサーチコンソールで「URL検査」セクションをクリックし、インデックス登録状況を確認したいURLを貼り付けてください。登録されていると上記の画像のようにチェックマークが表示されます。

インデックスに登録されていない場合には、同ページの「インデックス登録をリクエスト」からリクエストを申請できます。

 

要素2:コンテンツポリシーの遵守

 

Google Discoverに表示されるためには、Googleのコンテンツポリシーを遵守する必要があります。Googleのコンテンツポリシーでは、以下にあてはまるものを有害とみなし、検索結果から除外すると定められています。

 

  • ​​危険なコンテンツ
  • 不正行為
  • ハラスメント コンテンツ
  • ヘイト コンテンツ
  • 操作されたメディア
  • 医療のコンテンツ
  • 露骨な性的描写を含むコンテンツ
  • テロに関するコンテンツ
  • 暴力や残虐行為
  • 下品な言葉や罵倒語

 

引用元:Google Discoverとウェブサイト

 

ユーザーにとって有益で健全なコンテンツを提供していれば問題ありませんが、一度Google Discoverのコンテンツポリシーに目を通しておくことをおすすめします。

 

要素3:サムネイルに適した画像

 

Google Discoverに表示されるには、Google Discoverのサムネイルに適した画像をWebページで使用しましょう。Google Discoverに表示される可能性を高める方法として、以下のようにGoogleが規定しています。

 

魅力的な高画質の画像、特に Discover からのアクセスが発生する可能性の高いサイズの大きい画像をコンテンツに含める。サイズの大きい画像は、幅を 1,200 ピクセル以上とし、max-image-preview:large の設定または AMP を使用して有効にする必要があります。サイトのロゴを画像として使用しないでください。

引用元:Google Discoverとウェブサイト

 

画像が魅力的だと、Google Discoverに表示された後も有利です。コンテンツ内容がひとめでわかる画像の方がユーザーの目を引き、見てもらいやすくなります。

 

要素4:魅力的なタイトル

 

コンテンツを内容に沿った、魅力的なタイトルもGoogle Discoverで表示されるために大切な要素です。キャッチーで魅力的なタイトルであることはもちろんのこと、記事のキーワードタイトルに入っている方がGoogle Discoverに表示されやすくなります。

 

ただし「クリックベイト」のような、コンテンツの内容とは関係ない興味・関心を引くためだけのタイトル付けはGoogle Discoverの表示対象外になる点に注意しましょう。

 

要素5:質の高い内容

Google Discoverに表示されるには、ユーザーにとって有益な内容であると見なされる必要があります。Googleのシステムは、以下の3つが含まれているものを質の高いコンテンツとして優先的にGoogle Discoverに表示します。

 

  • 専門性が高い
  • Webサイトに権威がある
  • 信頼できる

 

「権威がある」とは、「評判がよい」「運営期間が長い」など人から評価されていることで、被リンク数が多いことは権威性の証となります。

「信頼できる」と判断されるためには運営会社の情報を公開したり、官公庁など信頼できる情報源を利用したりすることが重要です。

 

Google Discoverに表示されたことを確認する方法

 

Google Discoverに表示されたかどうかは、Googleサーチコンソールで確認できます。

 

 

Googleサーチコンソールの画面左のメニューバーに「Discover」というセクションがあれば、「Google Discoverに表示された記事がある」ということです。Discover経由で何人流入したか、などのトラフィック情報も確認できます。

 

また、「Discover」セクションがなければ、Google Discoverに表示された記事はないと判断してください。

 

Google DiscoverとSEOの関係は?

 

Google Discoverは検索機能によって表示されるものではないので、SEOは直接的には関係していないとされています。

ですが、Googleの検索エンジンとDiscoverはほぼ同じ原則によってWebコンテンツを評価しているため、SEOの観点で評価されているコンテンツはGoogle Discoverにも表示されやすくなると言えます。

 

また、SEO対策は結果的に記事の質を高めることにもつながります。記事の質が高まると、Google Discoverへの表示可能性も上がります。そのため、Google Discoverへの表示を目指すならSEO対策もしっかりと行うことをおすすめします。

 

Google Discover対策なら雨輝へ!

 

「Google Discoverを利用してアクセス数を増やしたい」

「Googleから評価されるコンテンツを制作したい」

そうお考えの方は、編集プロダクション「雨輝」へご相談ください。

 

雨輝はGoogle Discover対策のノウハウを豊富に持っています。過去数々のメディアにてGoogle Discoverへの定期的な表示を実現し、高PV獲得を実現してきました。

「Google Discoverに表示されたい、でもその方法がわからない」という方は、ぜひ一度雨輝にご相談ください。

 

まとめ:Google Discoverを活用して高PV獲得を

 

今回はGoogle Discoverについて解説しました。

Google Discoverに表示されるとPV数が急増し、Webサイトへのよい影響が期待できます。編集プロダクションの雨輝には、複数メディアのコンテンツをGoogle Discoverに表示させてきた実績があります。

Google Discover対策のノウハウが豊富にあるので、Google Discoverへのコンテンツ表示を狙う方は、お気軽にご連絡ください

 


投稿者プロフィール

編集プロダクション雨輝 編集部
編集プロダクション雨輝 編集部
Webコンテンツのクオリティ低迷に嘆き、業界に一矢報いようと2014年に発足された編集プロダクション。SEOを意識したマーケティングはもちろん、紙媒体と変わらない高品質のライティングで老舗企業から大手企業までサポート。在籍ライターは300人を越え、専門記事や全国取材も対応可能。徹底した納期厳守のポリシーで365日稼働中。
ブログ一覧へ戻る
お問い合わせバナー
お問い合わせバナー2
LINEバナー